スワップ運用特集

スワップ運用特集

これまでトルコリラや南アランドについては特集で触れてきましたが、具体的な運用方法については詳しく解説していませんでした。本特集ではスワップ受け取りを主軸としたFX取引のコツと、その魅力について取り扱います。

スワップ運用にオススメのFX会社

取引ツールの使いやすさ、サポート体制、情報量、システムの安定性で2年連続No.1!※2

banner
img_currencyトルコリラ/円
買いスワップ
img_currency南アランド/円
買いスワップ
80円 7円
img_currencyNZドル/円
買いスワップ
特化ポイント
46円 初心者向けコンテンツが充実

※2:『FX取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』 (企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)
※3:2015年3月より新規注文受付を停止中の「香港ドル/円」(HKD/JPY)を除く

脅威の50通貨ペア!国内他事業者にない通貨もここなら見つかる!?

banner
img_currencyトルコリラ/円
買いスワップ
img_currency南アランド/円
買いスワップ
107円 15円
img_currencyNZドル/円
買いスワップ
特化ポイント
60円 脅威の50通貨ペア!

大人気のツールアプリでサクサク取引!ヤフーグループの安心感も魅力

banner
img_currencyトルコリラ/円
買いスワップ
img_currency南アランド/円
買いスワップ
13円
img_currencyNZドル/円
買いスワップ
特化ポイント
38円 分析ツール・指標が充実

※2:口座開設期間は、必要書類を確認後の対応になります。また、書類に不備等が合った場合は、手続きに時間がかかる場合がございます。
※3:外貨出金手数料は1回につき¥1,500の手数料が発生します。(出金先の金融機関によっては、外貨出金手数料とは別にリフティングチャージが発生する場合があります。)

1

スワップとは?

スワップ = スワップ金利? スワップポイント?

FXを始めようとする人なら誰でも目にするであろう「スワップ」という言葉。なんとなくの意味はご存知でも、しっかり理解できている方は少ないのではないでしょうか?まずは言葉の解説から行っていきます。 (意味は理解できてるよ!という方は、
次の章まで進んでいただければと思います)
FX界隈でよく使われる「スワップ」や「スワップ金利」という言葉は、正確には「スワップポイント」の短縮形、及び誤用です。特に「スワップ金利」は、実は全く異なる意味(!)なので注意しましょう(とはいえ、事実上FXトレーダーの中ではスワップ金利=スワップポイントになっていますので大きな問題はありません)。

img

具体的な考え方

スワップポイントを単純に定義すると、「売買する通貨ペアの間に金利差があることによって生じる、利益もしくは支払い」となります。これだけでは分かりづらいので、具体例で考えます。

例えば、円を米ドルに換金して外貨預金することを考えてみましょう。
今あなたは、米ドル/円=100円のレートで1万ドル (100万円相当)を買いました。あなたの手元には、もともとあった100万円ではなく1万ドルがあります。ここで、日本の政策金利が0.1%、米国の政策金利が1%だと仮定します。
スワップポイントは「金利差」によって生じる、と上述しましたが、この場合には正のスワップポイントが生じる条件が整っています。
仮にあなたが100万円を米ドルに換えず1年間保有した場合、金利は0.1%なのでその間につく利息は1,000円です。一方、100万円を1万ドルに換えた場合、金利は1%なので1年間たつと利息は100ドルとなります。
単純化のため1年間経った後の為替レートが1年前と同じだったとすれば、100ドル=10,000円となります。日本円で資産を保有するよりも9,000円分(0.9% = 1% - 0.1%)得していますよね。

つまり、日本円よりも金利の高い通貨に換金・預金すれば、金利の差分が自らに還元されることになります。これを年間ではなくデイリーの数字に還元したものが「スワップポイント」です。上記の米ドル/円の例だと、9,000 ÷ 365 ≒ 25円が、日ごとに受け取れるスワップポイントとなります。

img

ここまででスワップポイントの基本はご理解いただけたでしょうか?ではここからは、具体的にスワップポイントで資産運用を行うことについて考えていきます。

「高金利通貨」と呼ばれる通貨

すでに当サイトの他特集をお読みいただいた方もいらっしゃるかも知れませんが、外国為替の世界では「高金利通貨」と呼ばれる通貨群があります。具体例で言えば、ニュージーランドドル、トルコリラ、南アフリカランド、オーストラリアドル等です。これらの国の金利は2%から高いものでは7.5%まで、低金利国の日本からすれば夢のような水準です。
もうお分かりかと思いますが、例えばトルコリラ/円の取引を行った場合、トルコの政策金利が7.5%ですから、単純計算で7.4%の年利回りとなるスワップポイントを毎日受け取れることになります。上記通貨の中では最も金利の低いオーストラリアドルでも、日本円を普通に保有しているのと比較して19倍の年利回りを達成することができる計算になります。
ここまで聞くといいことずくめのように思えますが、勿論リスクもあります。

img

スワップ狙いのFX取引におけるリスク

高金利通貨の国々にはある共通点があります。新興国通貨であり、世界的に見れば市場参加者が少ないことです。 そのためレートの上下動が激しく、決済のタイミングによってはスワップポイントの利益が帳消しになってしまうリスクはあります。勿論その逆で、さらに利益が積み増されることもありますが、いずれにしても最初の取引から一度も資産状況を確認しない、というのは避けた方が良いと言えます。

また、想像に難くないと思いますが、新興国はアメリカや日本ほど安定した情勢ではありません。だからこそ、そのリスクの対価として金利が高いという側面があります。常に網を張っていれば問題はありませんが、その通貨を発行している国自体が債務不履行(デフォルト)に陥ると、通貨価値は一気に下落します。その場合の損失幅はスワップポイントで得られた利益をはるかに越えたものになると想定されます。

最後に、これは高金利国に限った話ではありませんが、日本とその国の金利の高低関係が逆転した場合には、逆にスワップポイントを支払わなくてはならなくなります。日本の金利は世界的に見ても極端に低いため、現状でそのようなことが起きることはまず無いと言えますが、リスクはリスクですのでこちらも情報収集は怠らないようにしましょう。

まとめるとスワップ取引におけるリスクは以下のようになります。

リスク1

為替差損によりスワップ益が
帳消しorマイナスになる

リスク2

通貨発行元がデフォルトし、
通貨価値が大幅下落する

リスク3

二国間の金利が逆転し、
スワップを支払わないといけなくなる

ここでは、上述のリスクを避けるための運用方法について解説していきます。まず2番目のデフォルトリスクについて、これは日々の情報収集をしっかり行うことで回避できると言えます。逆に言えば、それ以外では回避が難しいのが事実です。

為替差損を防ぐためには大きく二つの方法があります。
一つは、外貨購入時に「逆指値注文」を入れておくことです。逆指値注文とは、あらかじめ「ここまで為替レートが動いたら発注します」というのをシステムに伝えておくことです。これにより、自分がレートの動きを見ていない状態でも自動的に注文が約定し、損失幅を想定の範囲内に収めることが可能になります。
二つ目は、できる限りレバレッジをかけない取引に抑えることです。レバレッジを掛けると受け取りスワップポイントの効率が良くなることは事実なのですが、為替変動によるロスカットの憂き目に会う確率も当然高くなります。ある程度慣れていれば、上述の逆指値注文と合わせてリスクを減らした運用もできるかもしれませんが、初心者のうちはせいぜい2~3倍に抑えておくことをお勧めします。

img

最後に、二国間の金利逆転ですが、こちらは既述の通り対円取引を行っていれば基本的には起こらないことです。ただ、どうしても情報が遅れがちになる他国通貨同士の取引の場合は、各業者が提供している為替ニュースなどを、取引している通貨国のものだけでもタイムリーに見ておくことをお勧めします。

スワップ運用にオススメのFX会社

取引ツールの使いやすさ、サポート体制、情報量、システムの安定性で2年連続No.1!※2

banner
img_currencyトルコリラ/円
買いスワップ
img_currency南アランド/円
買いスワップ
80円 7円
img_currencyNZドル/円
買いスワップ
特化ポイント
46円 初心者向けコンテンツが充実

※2:『FX取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』 (企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)
※3:2015年3月より新規注文受付を停止中の「香港ドル/円」(HKD/JPY)を除く

脅威の50通貨ペア!国内他事業者にない通貨もここなら見つかる!?

banner
img_currencyトルコリラ/円
買いスワップ
img_currency南アランド/円
買いスワップ
107円 15円
img_currencyNZドル/円
買いスワップ
特化ポイント
60円 脅威の50通貨ペア!

大人気のツールアプリでサクサク取引!ヤフーグループの安心感も魅力

banner
img_currencyトルコリラ/円
買いスワップ
img_currency南アランド/円
買いスワップ
13円
img_currencyNZドル/円
買いスワップ
特化ポイント
38円 分析ツール・指標が充実

※2:口座開設期間は、必要書類を確認後の対応になります。また、書類に不備等が合った場合は、手続きに時間がかかる場合がございます。
※3:外貨出金手数料は1回につき¥1,500の手数料が発生します。(出金先の金融機関によっては、外貨出金手数料とは別にリフティングチャージが発生する場合があります。)

一社目は「外為どっとコム」です。FX業界では13年目と非常に歴史が長い老舗です。資産預かり高が国内1位の状況が10年間も続いたことを考えると、国内トレーダーからの信頼は非常に高い会社と言えます。また、各通貨のスワップ支払いも非常に高く、特にトルコリラの支払いは国内業社でトップです。さらに言えば、初心者向けのオンライン動画セミナーや独自の取り組み「マネ育スクール」など、非常に初心者に寄り添った会社でもあります。

二社目には「ヒロセ通商」を挙げます。こちらの会社の特徴は、何と言っても通貨ペアの多さです。その数なんと50ペア。海外業社などを除けば間違いなくトップクラスの水準です。また自社でも「最高水準」と謳っているだけあり、高金利通貨代表のNZドルやトルコリラのスワップポイントがそれぞれ60円、115円と非常に高い水準です。取引ツールのスペックも高く、日々の取引に差がつく約定スピード・約定率も業界最高水準と言えるでしょう。

三社目は「GMOクリック証券」です。3年連続FX取引高世界第一位の実績や、国内資産預かり高国内第一位の実績から分かる通り、非常に人気の高いFX会社です。14ペアまで絞り込んだ各取扱通貨のスプレッドの狭さもさることながら、スプレッドの高さも見逃せません。これまた代表的な高金利通貨である南アフリカランドのスワップポイントは13円、NZドルは76円、豪ドルは50円と、各通貨での平均的なハイスペックさはどの会社にも劣りません。

ここまでご紹介すると、どこに口座開設すれば良いのかよく分からない、という方もいらっしゃるかと思います。結論からいうと、可能であれば全て口座開設をされることをお勧めします。各社とも総合的に優秀なツールを提供していますが、外為どっとコムは初心者向けコンテンツ、ヒロセ通商は通貨ペア数、GMOクリック証券は分析ツールと尖った部分がそれぞれにあるので、一通り使ってみた上で最終的に絞り込むのが最良かと思います。

各社の公式ページには上記のリンクから飛ぶことができますので、スワップ運用を志す方はこの機会に是非口座開設をしてみてはいかがでしょうか?