FX自動売買徹底解説

失敗特集

自動的に注文を繰り返すリピート注文機能から売買プログラムを選択して自動売買してくれるシステムトレードまで、FX会社のサービス・ツールを有効活用して賢く自動売買しましょう。

大公開!FX「成功」をつかむための戦略!

初心者でも利用しやすいリピート注文系ツール!

リピート注文系ツールとは!?

最近、よく耳にする「トラリピ®」や「ループイフダン®」、「iサイクル注文®」などの自動的に注文を繰り返す注文機能。各社によって、機能に違いはあるものの基本的には一定のレンジ相場の中で注文を繰り返す仕組みです。FXは平日の深夜でも相場が大きく動き、普段働いている方は、常に相場を追うことが難しいです。そんな中、自動的に注文を繰り返し一定のレンジ内で注文を続けるツールが人気になっています。

よくあるFX失敗の理由
急な変動に対処できない

普段、仕事をしていると、平日昼間や、深夜帯の時間に相場を見れないことが多いと思います。目を離したスキに相場が大きく動いたりします。その場合は、取引をしない、もしくは一定のルール内以上の損失がでないように注文をかけて置くのが重要です。

戦略!毎日500円の利益を積み重ねてコツコツ投資!

リピート注文のツールを使った賢い戦略は、とにかく細かい利益を積み上げること。自動的にトレードを繰り返す特徴を活かして、細かい値幅でトレードを繰り返していくことが大切です。

2015年ドル円推移

リピート注文ツールが利用できるおすすめのFX会社

img_currency
米ドル/円
自動売買 取引通貨 スマホ対応
1.00銭 原則固定(例外あり) 可能 24種類 iPhone
Android

取引システム名

iサイクル注文

初心者でも簡単で使いやすい高機能取引ツール“iサイクル”が大人気!

簡単なのに高機能!iサイクル注文

外為オンラインといえばまずはコレ。初心者でも簡単に取引できてしまう自動売買システム、”iサイクル注文”が非常に人気です。人気の理由は簡単で高機能、かつ取引経験のない初心者でも始めやすいためでしょう。

contents_image

iサイクル注文ではたったの3ステップで取引を開始できます。まず現時点で自分が思うところの”買い”か”売り”を選択します。次に、これからどのくらいの値動きがあるか予想し、レートの変動幅を入力します。最後に対象資産を設定します。なんとこれだけで取引が開始可能です!

contents_image

またシステムとしても優秀で、単純に設定した幅で売買を繰り返すだけではなく、仮に実際のレートが設定幅を外れてしまっても、システムが実際のレートを追いかけるようにつくられています。

contents_image

進化したシステムトレードの力を借りてトレード時期を逃さず投資!

トレードする時間もメンタルコントロールも不要!システムトレードは大きく進化した!

昔からあった、自動的に取引するシステムトレードですが設定が複雑でわかりにくかった面もあり敬遠してきた方も多いはずです。今やシステムトレードは大きく進化しており、ストラテジー(売買プログラム)を選ぶだけのシステムトレードや、実際に取引している上級プレーヤーを選び同じ取引をするものなど、昔に比べて複雑な設定なしで取引することが可能です。システムトレードのメリットは大きく2つ。自動的に取引をしてくれるので、トレードの時間がなくても取引することが可能です。もう一つは、『もう少し』や『まだ大丈夫』など、自分の感情に左右されてトレードされないことです。

過去にFXで失敗された方はおわかりかと思いますが、24時間相場が変動するFX取引では、夜中の寝ている時間や、仕事をしている時間などでも、大きく相場が動くことがあります。トレードの時間が取れないとその際のリスクも増してしまいますよね。また、FXに失敗される方のほとんどがメンタル面の鍛錬ができていない初心者の方です。利確や損切りなどの重要な判断局面はメンタルコントロールができていないと、判断を大きく誤ることも多いです。 そういった場合にシステムトレードはその2点をカバーできる取引ツールだと考えられます。

よくあるFX失敗の理由
初心者の壁

FXなど、ボラリティが高い投資商品は大きく利益をえることもあるが、逆に大きく損失を被るリスクも含んだ投資商品です。初心者の方は自身に最適なトレードを身につける前に、損失を被り市場から退場して行く場合が多く見られます。しっかりとしたトレードの力

を身に付ければ成功へ近づくことができます。 また、システムトレードなど裁量トレード以外の投資も行えば投資判断を減らして投資を行えるので、有効な手段です。

ストラテジー選択画面

システムトレードを組み合わせたポートフォリオ戦略でトレードを有利に!
失敗の経験を活かせば成功に近づける!

選択型のシステムトレードを利用する際に、重要となるのがポートフォリオ戦略。いくら成績の良いストラテジーでも損益を被る可能性が十分にあります。そこで重要なのはストラテジーのタイプに合わせてポートフォリオを組むことです。ストラテジーをざっくり分けると短期や中期、中長期などトレードのタイプが異なります。また取引する通貨も異なるのでストラテジーを組み合わせて投資を行えばリスク分散することも可能です。また、相場状況によっても選び方は異なるので各ストラテジーを理解して最適なポートフォリオを組めば鬼に金棒ですね!

ストラテジーのタイプを分類して、戦略に合わせたポートフォリオを組むことが重要。

システムトレードが利用できるおすすめのFX会社

FXをお手軽に。もう取引手法で悩まない!システム入れ替えだけの簡単取引

banner
取扱通貨 img_currency米ドル/円
26種類
最小取引単位 取引手数料
1,000通貨 無料

ここがオススメ!

  • ストラテジー
    数世界No.1、国内口座数も国内No.1
    のシストレ業者!
  • 世界中の一流トレーダーが考えたシステムを利用可能。
  • 本当に稼いだストラテジーが一目でわかる、究極の使いやすさ!

選択型シストレが利用可能!取引ツールが充実!

banner
取扱通貨 img_currency米ドル/円
18種類
最小取引単位 取引手数料
1,000通貨 無料

ここがオススメ!

  • ストラテジーと投資金額を決めるだけで、すぐにシステムトレードが開始!
  • 世界中で利用されている、高機能取引ツール「MT4」が利用可能!
  • シストレだけじゃない!裁量トレード・アプリの取引システムも充実!

1,000通貨以下の取引を最大限活用して長期投資を目指せ!

長期投資のメリットとは?リスクに対応することはできるの!?

FX取引で長期投資する最大のメリットは、スワップポイントがもらえることですよね。スワップポイントとは、「売買する通貨ペアの間に金利差があることによって生じる、利益もしくは支払い」です。スワップポイントを有効に利用すれば、ポジションを保有するだけで、スワップポイントがもらえて日々一定の利益を得ることができます。以前に流行った円キャリートレード等は、主にスワップポイントを狙い金利の低い通貨を売って高い通貨を買い運用します。しかし、記憶に新しいのがリーマンショックで相場が大幅に下落した際に、多くのスワップ派が為替差損に耐え切れずにロスカットになり市場から退場させられた姿です。それから、リーマンショック後に米国を始めとして、主要各国が低金利政策をとったこともあり、すっかりスワップ派は息を潜めてしまいました。
しかし、先日米国の利上げが発表されて徐々に円とドルの金利差も広がっていく可能性も持っています。相場の大きな変動リスクはあるものの、リスクを考えて投資をすることで、リーマンショックのような相場も対処することができると思います。

右の図は、比較的金利の高い豪ドル円のリーマンショック前から現在(2015年)までのチャートです。図のように、大きな下落局面は定期的に起こります。そこから一定時間をかけて相場は同水準近くに戻っていくのもわかります。リスクを理解して、リスク管理された資金で投資を行えば防ぐことも可能だったわけです。大きな変動リスクを踏まえ資金コントロールをしていけば、長期的にスワップポイントを狙って投資していくことが可能だと思います。

1990年~2014年までの豪ドル円の推移

リスクを理解して、資金をコントロール。1,000通貨取引でドルコスト平均法は実践できる!

先ほど説明した通り、リスクを踏まえて投資を行えば、大きな下落局面にも対応することができる可能性は高いです。例えばリーマンショックでは、50円近くの下落幅になっています。下落幅を理解して行っても、50円近くの下落では、1万通貨取引でも為替差損が50万+証拠金約4万円(レバレッジ25倍の場合)の約50万以上の資金がないと、ロスカットになってしまいます。このように、一定以上の資金がないと下落局面に対応することは難しいです。

そこで、最近増えている1,000通貨取引が可能なFX会社を利用することで、資金を抑えた投資が可能になります。ただし、少ない資金で投資を行う為にリターンは低くなってしまいます。リターンを高めるために、継続投資を行い一定のリターンを確保していくことが重要になります。その際に利用するのが「ドルコスト平均法」です。一般に投資信託や個人年金などに用いられることが多い投資法ですが、継続的な積立投資に向いている投資法です。「ドルコスト平均法」とは、毎月決められた一定額を投資して、相場が高い時には少なめに、相場が安い時には多めに投資して、平均購入単価を抑える投資をできるのが最大のメリット。これを利用して、豪ドルの過去の相場状況を踏まえて投資を行えば、継続的に投資を行うことが可能です。一定額を継続投資することで、長期投資に陥りがちな退屈さも解消することができます。

よくあるFX失敗の理由
資金・メンタルコントロール

FXを初めとして、投資に重要なのは資金とメンタルのコントロールです。投資をしていると必ず損する局面がやってきます。その中で、適切な判断を下していくことが大切です。そのためにも、最大リスクを考えた資金設計を行い初めに定めた投資ルールに則って行うことが重要です。『もう少しだけ』などの考えは捨てて、自身をコントロールして投資の成功を目指しましょう!

ココが大事!下落リスクを踏まえた投資設計を必ずする!

先ほど説明した通り、豪ドル円を例に取って説明すると豪ドル円は過去に何度か最安値付近までの下落が起こっています。ドルコスト平均法を利用した投資では、上がった際も、下がった際も投資を続けるため、可能性のあるリスクを考慮して投資を行うことが重要です。右の表にある通り1万通貨での取引の場合は、38万円以上の資金が必要になります。もちろん、積み立てを行うので積み立てる度に必要資金は変動するので、下落リスクを踏まえた投資設計をして行うことが重要です。また、ドルコスト平均法の特徴である通り上昇局面では少なく、下落局面では多く資金を投資します。相場によって変動はありますが、毎年2万通貨づつ積み立てた場合は5年で10万通貨、スワップポイントの変動を加味しないで考えると約470円/日の利益が得られます。積み立てている間もスワップポイントの利益を得られるので、投資期間が長ければ長いほど大きく利益を得ることができます。
※スワップポイントは、通貨の金利差によって変動します。金利差によってはマイナスになる可能性もございますのでご注意ください。

豪ドル円1万通貨での取引の場合

1,000通貨以下で取引可能なおすすめのFX会社

取引システム名

iサイクル注文

capture
img_currency米ドル/円 自動売買
1.00銭 原則固定(例外あり) 可能
取扱通貨 スマホ対応
24種類 iPhone
Android

初心者でも簡単で使いやすい高機能取引ツール“iサイクル”が大人気!

取引システム名

トレードコレクター

capture
img_currency米ドル/円 自動売買
0.30銭 原則固定(例外あり) 可能
取扱通貨 スマホ対応
22種類 iPhone
Android

大人気のツールアプリでサクサク取引!ヤフーグループの安心感も魅力

※2:口座開設期間は、必要書類を確認後の対応になります。また、書類に不備等が合った場合は、手続きに時間がかかる場合がございます。
※3:外貨出金手数料は1回につき¥1,500の手数料が発生します。(出金先の金融機関によっては、外貨出金手数料とは別にリフティングチャージが発生する場合があります。)

  • 夜中や仕事中の時間の変動には、リピート注文系のFX会社を有効活用する。
  • 長期的に投資して、スワップを狙うなら1,000通貨取引可能なFX会社を利用して、積立投資を行う。
  • 最終手段!?いいや任せっきりではなく、適切なポートフォリオ戦略に則り、システムを選べば適切な投資が行える!

初心者でも安心!おすすめFX会社

初心者でも簡単で使いやすい高機能取引ツール“iサイクル”が大人気!

banner
取扱通貨 img_currency米ドル/円
24種類 1.00 原則固定(例外あり)
最小取引単位 取引手数料
1,000通貨 無料

大人気のツールアプリでサクサク取引!ヤフーグループの安心感も魅力

banner
取扱通貨 img_currency米ドル/円
22種類 0.30 原則固定(例外あり)
最小取引単位 取引手数料
1,000通貨 無料

※2:口座開設期間は、必要書類を確認後の対応になります。また、書類に不備等が合った場合は、手続きに時間がかかる場合がございます。
※3:外貨出金手数料は1回につき¥1,500の手数料が発生します。(出金先の金融機関によっては、外貨出金手数料とは別にリフティングチャージが発生する場合があります。)

取引ツールの使いやすさ、サポート体制、情報量、システムの安定性で2年連続No.1!※2

banner
取扱通貨 img_currency米ドル/円
20種類 0.30 原則固定(例外あり)
最小取引単位 取引手数料
1,000通貨 無料

※2:『FX取引者におけるFX会社イメージ調査(2015年6月時点)』 (企画:株式会社外為どっとコム 調査機関:株式会社クロス・マーケティング)
※3:2015年3月より新規注文受付を停止中の「香港ドル/円」(HKD/JPY)を除く